防火ダンパーとチャッキダンパー

防火ダンパー、ちゃんと動きますか?

防火ダンパーとは、通常マンションの換気ダクト内に設置された『防火用の弁』の事です。 『防火ダンパー』は建築基準法施工令 第 112 条 16 項に基づいて設置されていますが、点検等の義務付けがない ため、経年劣化による不具合が生じ、大きなトラブルに発展する可能性があります。

正常な防火ダンパー↓
ダンパーが開いており、正常に換気ができている。
IMG_0085

遮断された防火ダンパー↓
防火ダンパー温度ヒューズが、経年劣化によりちぎれ、ダンパーが閉じている為、全く換気ができていない。
IMG_4191

防火ダンパーの役割

防火ダンパーには、温度ヒューズがついており、火災発生などでダクト内 が一定の温度に達した時、ダンパーが閉じ火災の類焼を防止する仕組みに なっています。 しかし経年劣化などでダンパーが機能していないと、炎が筒抜けになり被害が拡大する可能性があります。

経年劣化でちぎれてしまった温度ヒューズと、正常な温度ヒューズ↓
IMG_4193

チャッキダンパーの役割

チャッキダンパーは、逆流防止ダンパーとも呼ばれています。 換気ダクト内部に設置されており、外部からの空気(風)の逆流を防ぐ為の設備です。 通常、換気扇のスイッチをつけると、ダンパーが開くようになっていますが、換気扇の長期使用により、チャッキダンパーが汚れたり錆び付いたり するとダンパーの動かなくなり、換気不足になる可能性があります。

油やサビで固着し、動かないチャッキダンパー↓

DSCF2698

IMG_3995

ダクト清掃で早期発見!安全対策!

換気扇分解洗浄や換気ダクト清掃時に換気のチェックをします。その際、防火ダンパーや逆風防止弁が経年 劣化やサビつきなどでうまく機能していないという状況を発見することがあります。 換気ダクト清掃をすることは、換気のトラブル早期発見にもつながります。
IMG_0328















換気ダクトとは換気ダクト清掃をお考えの方へ換気ダクト清掃の実績集

上に戻る